JR京浜東北線「川口駅」より徒歩4分
内科・脳神経内科
埼玉県川口市飯塚1丁目3−6
プラウドタワー川口 102
電話番号:048-242-3227

お知らせ
診療時間
診療案内
アクセス


 当クリニックについて 

ご挨拶

この度、しば内科・循環器内科クリニックを引き継ぎ「かわぐちウエストパーククリニック」として、2023年11月20日(月)から診療を再開することになりました。
今後は「内科・脳神経内科」を中心に診療を行い、皆様のかかりつけ医として、前院長の想いも引き継ぎ、精一杯地域医療に貢献できるよう努力していきたいと思っております。どうぞ宜しくお願いいたします。

院長 長谷川 樹里


クリニックの名前の由来

地域医療を行なっていく上で、地元に密着した名前がいいと考えました。川口西公園が近くにあり、公園のように思わず立ち寄って憩いの場となるようにしたいという想いから、「かわぐちウエストパーククリニック」と名付けました。また、子供でも読めるように平仮名表記にしました。


ロゴマークの由来

医術・医療の象徴である「アスクレピオスの杖」を中央に、その周囲に「ライラックの花」をちりばめています。

蛇の巻き付いた杖は、救急車などにも描かれていますが、その蛇を親しみやすくかわいらしいピンクで表現しています。杖には、ライラックのハート型の葉っぱを付けて、杖をライラックの枝にも見立てています。

ライラックは、ナイチンゲールの生まれた5月12日の誕生花であり、また、ナイチンゲールが「ライラックの法則」というものに魅かれていたというエピソードもあるため、私にとっては初心を忘れないようにという意味がこめられています。花言葉に「謙虚さ」という意味もあり、それも大切にしていきたいことの一つと考えています。



お知らせ

2024/6/11 川口市特定健診・がん検診開始のお知らせ

今月から、今年度の川口市特定健診・がん検診が始まりました。

通院中の方、それ以外の方も是非ご検討ください。ご予約はホームページ、または電話で受け付けております。


2024/6/3 訪問診療開始のお知らせ

今月より、訪問診療を開始致します。川口市内、自転車で行ける範囲限定となりますが、神経疾患をお持ちの方など、専門的な薬剤調整も可能です。

ご興味のある方は、クリニックにお問い合わせ下さい。


2024/6/1 ご案内(保険医療機関における書面掲示)

・明細書について

 当院は療担規則に則り、明細書については無償で交付致します。

・一般名での処方について

 当院では、後発医薬品のある医薬品について、特定の医薬品名を指定するのではなく、薬剤の成分を基にした一般名処方を行う場合があります。特定の医薬品の供給が不足した場合でも、一般名処方によって必要な医薬品が提供しやすくなります。

・医療情報の活用について

 当院は、オンライン資格確認を行う体制を有しており、医療DXを通じて質の高い医療を提供できるように取り組んでおります。

 オンライン資格確認によって得た情報(受診歴、薬剤情報、特定健診情報、その他必要な診療情報)を医師が診察室等で字確認できる体制を整備し、診療に活用します。

・長期処方・リフィル処方箋について

 当院では皆様の状態に応じて、28日以上の長期処方を行うこと、リフィル処方箋を発行することのいずれかの対応が可能です。

 なお、長期処方やリフィル処方箋の交付が可能かは、病状に応じて医師が判断致します。


2024/4/25 本日はDNAの日

本日、4月25日はDNAの日として国際的に知られています。J. ワトソンと F. クリックがDNAが二重らせん構造をしていると発見し、ネイチャーという論文にそれが掲載された日であり、ヒトゲノ解読完了が発表された日でもあります。DNAの二重らせん構造の発見に関しては、ロザリンド・フランクリンとう女性化学者の功績が大きかったことはあまり知られていませんが、キュリー夫人と共に私に影響を及ぼした女性研究者の一人です。私が核酸医薬という薬の研究をしていたこともあり、DNAの日にとても親しみを覚えています。皆さまもぜひこの機会に生命の尊さ、大切さをあらためて感じてみるのもいいのかもしれません。

院長 長谷川樹里


2024/4/16 診療体制のお知らせ

4月から須田医師が、当院の常勤となります。

火曜日は長谷川医師が担当、それ以外は基本的に午前は2人体制、午後の体制はフレキシブルとなります。

子供たちの様々な状況に応じてどちらかが対応する形となり、午後の体制が一定せず申し訳ありません。基本的に医師同士の密なやり取りをしておりますので、どちらの診察でも問題ない形を取っております。担当医師のご希望などありましたら、お問い合わせ頂ければと思います。


2024/4/16

令和6年4月1日より、川口市にお住まいの50才以上の方に、帯状疱疹ワクチンの費用が助成されることになりました。当院では、効果、持続期間の関係から、1回接種の生ワクチン(8000円の料金のうち4000円の補助)もありますが、2回接種の不活化ワクチン(シングリックス)を推奨しています。不活化ワクチン1回(22000円)につき1万円の補助が出ます。川口市ホームページから電子申請、または電話での申請を行い、予診票が届いてからの接種となります。

この機会にぜひご利用下さい。


2024/4/4

工事のため、川口総合文化センター リリアの横・交番脇の通路が通り抜けできなくなります。

期間:令和6年4月15日から~令和7年12月まで(予定)

ご来院の際はご注意ください。

▶地図はこちら


2024/2/15

2月22日は「頭痛の日」となっています。

片頭痛の日常生活への影響は大きく、頭痛のない間欠期にも及んでいます。特に20-40代の女性に多く、周囲の理解もなかなか得られにくい疾患です。近年、頭痛診療は進歩しており、頭痛のある急性期だけでなく、予防に対しての新しい治療薬も出てきています。頭痛でお悩みの方はぜひご相談下さい。


2024/2/4

現在、インフルエンザ、新型コロナ感染症がどちらも再度流行しています。当院は症状のある方は発熱の有無に関わらず、診察の制限はしておりません。受診される方は予約システムのご利用、またはお電話で予めご連絡を頂けるとスムーズなご案内ができますので、ご協力をよろしくお願い致します。

また、インフルエンザワクチンの接種がまだの方、基礎疾患があるなど免疫が低下している方は2回目の接種も可能ですので、ご相談下さい。


2024/1/29

2月からの診療のお知らせです。

2月から木曜日の午後の外来は、須田晃充医師が担当となります。どうぞよろしくお願い致します。

また、2月20日頃から、当院で頸動脈エコー検査を行えるようになります。お気軽にご相談下さい。


2024/1/12

2024年1月15日から RSウイルス感染を予防するRSウイルスワクチンの接種が開始となります。(要予約、自費25,000円)

RSウイルス感染症は子供で有名な感染症ですが、感染力が強く、基礎疾患のある方だと症状が重症化しやすいのが特徴です。

60歳以上で特に基礎疾患(喘息、COPD、その他呼吸器疾患、うっ血性心不全、糖尿病、免疫不全など)のある方、お孫さんと接する機会の多い方の接種をお勧めしています。ぜひお問い合わせ下さい。


2023/12/19

年末年始の診療のお知らせ
年末は12月28日(木)までの診療で、年始は1月4日(木)から診療開始となります。

また、現在インフルエンザA型が流行っております。
インフルエンザワクチン接種がまだの方はワクチン接種も随時、予約なしで受け付けております。

50歳以上または、リスクの高い18歳以上の方には帯状疱疹を予防する帯状疱疹ワクチン、
60歳以上で特に基礎疾患(喘息、COPD、うっ血性心不全、糖尿病)のある方のRSウイルス感染を予防するRSウイルスワクチン(2024年1月15日から)、
も当院で接種可能です。
お電話でのお問い合わせ、予約を受け付けております。
どうぞご利用ください。


2023/11/28

11月28日より高齢者(65歳以上)インフルエンザワクチン、肺炎球菌ワクチン(要予約)の接種を開始しました。川口市外からのインフルエンザワクチン接種も受け付けておりますが、問診票をご持参下さい。


2023/11/21

昨日(11月20日)より診療を開始しました。
現在、予約システムがまだ稼働していないため、直接受診をお願い致します。

インフルエンザワクチンは予約なしで受け付けております。
中学生以上(中学生は保護者同伴)で一律3,500円です。
高齢者(65歳以上)のインフルエンザワクチン、各種健康診査、がん検診に関しては来月辺りからの開始を予定しております。
今しばらくお待ち下さい。



 診療時間 


9:30
-
12:30






14:00
-
17:00






【受付時間】
午前 9:30~12:00、午後 14:00~16:30

【休診日】
水曜日午後・土曜・日曜・祝日



 アクセス 

電車でお越しの方

  • JR京浜東北線「川口駅」より徒歩4分

車でお越しの方

  • 当クリニックには駐車場はございませんので、近隣の駐車場をご利用ください。

医院名
かわぐちウエストパーククリニック
院長
長谷川 樹里
診療科目内科・脳神経内科
所在地
〒332-0023
埼玉県川口市飯塚1丁目3−6
プラウドタワー川口 102
電話番号048-242-3227
FAX番号048-242-3127